2015年 05月 24日 ( 1 )

5月15日、福島県庁へ行き住宅要請を京都に避難中のママ5名と行って参りました。
この行動を皮きりに朝日新聞の報道や、福島県の新聞、NHKのニュースにながれ大きな事としてとりあげられました。
福島県は帰還政策を重要視しててます。避難者住宅の延長を考えるどころか、打切り時期も検討されてます。
 打切りで、帰還を考える人達が増えます。
  理不尽な被曝を強いらされる事のないよう、安心して暮らせる環境で子育てをしたい。
今後、福島から避難したいと思う人達の希望でもありたいです。

県外に避難したみなさんが、被曝を避け安心、安全に暮らせる権利を伝えなくてはいけないと感じます。


第21回
「お裁縫会&茶話会のご案内」

                      11時〜16時半
出入り自由。
昼ご飯は各自でお取りください。

場所  
京都文教マイタウン向島
                                            MJ
アクセス
近鉄線   向島駅下車徒歩13分
                  京都銀行向島支店 裏側
参加費    
お菓子一袋

持ち物   
お裁縫道具

内容 
 好評の 販売用  ティシュボックスカバー作り(流れ作業)をします。
そのた

お問合せ
egaotunagarou@gmail.com
(高木)


京都子ども健康相談会のご案内

5月26日福島県大阪事務所へいきます。
住宅の長期無償提供要請について

★5月5日
ドネーションシップ分かち合い祭りに笑顔つながろう会も参加しました。








[PR]