カテゴリ:未分類( 6 )

新年明けましておめでとうございます。
昨年中は想いある皆様に沢山のご協力をいただき、ありがとうございました。
本年も避難ママ、子どもたち、支援者の方々、地域の皆さんと共に笑顔になれる取り組みを一緒に実現できたらと思います。
本年もよろしくお願いします。




[PR]
by egaotunagarou | 2017-01-11 23:40 | Comments(0)
今年も参加させていただきます。
ドネーションシップわかちあいさん主催の
わかちあい祭りにご来場ください。

笑顔つながろう会も出店します。003.gif






[PR]
by egaotunagarou | 2016-04-28 16:05 | Comments(0)
3.11メモリアルキャンドルinむかいじま2016

報告をします。




3.11の東日本大震災から5年。
先日の
「3.11メモリアルキャンドルinむかいじま2016」では一週間で350名の来場者がありました。


c0332392_23102548.jpg


c0332392_00075754.jpeg

キャンドル一口寄付も、61514円が集まり3月15日メモリアル実行委員会からいただきました。被災者応援のために使わせていただきます。
皆さまありがとうございました。


 

c0332392_00184319.jpeg



c0332392_23543934.jpg



c0332392_00174102.jpeg
 


c0332392_00203272.jpeg

会場は福島の子ども保養写真展
飛田晋秀氏撮影 福島のすがた写真展
宮城気仙沼支援報告を展示。




c0332392_23505342.jpeg

3月4日の講演会では、早尾貴紀さん「受入全国協議会」共同代表他
 原発事故から5年、そしてこれからー
                 〜相談会と、避難、保養、移住」
自身の避難、そこからつながった保養や移住の活動、事故当時の福島の状況、土壌汚染の状況、保養、移住相談会の様子。受け入れ全国についてなど盛りだくさんのお話をしてく
れました。


c0332392_23523073.jpeg

また、齋藤夕香さん「さぽーと紡」
  「さぽーと紡 活動報告」ではたくさんの子も達に保養にでてほしい想いを語ってくれました。避難者用住宅問題でも経済的に困難な中で住宅無償提供がなくなったら帰るしかないという不安な心中も語ってくれました。


c0332392_23533306.jpeg


司会の佐藤さんの司会進行は場を和ませてくれ
関西仕込みの笑いから始まりました。
未来ある子ども達のために今後必要とされる保養には参加者の中には京都に呼べるしくみ作りが必要。また、自分の問題とし国民一人一人が自覚する事などお話がありました。
 



c0332392_23562908.jpg

c0332392_23571993.jpeg

c0332392_23582563.jpeg

c0332392_23591399.jpeg


17時からの交流会では地域の方々が美味しいご飯を作ってくれて、お酒もいただき話も弾みました。「京都ピアノとうたの音楽ひろば」の上平さん、重吉さんも演奏をしてくれました。
「あなたへ」の歌を聴いて感動してくれました。早尾さんにはCDをプレゼントしました。

2次会も遅くまで話が弾みました。(^o^)



c0332392_00000912.jpeg

c0332392_00005775.jpeg


11日最終日は、午後3時から地域の皆さんがキャンドルの準備に取り掛かかってくれました。
地域の子ども達も手伝って準備もしてくれ、毎年竹筒の準備をしてくださる山崎さん、小林先生には感謝です。
しかし毎年の事ながら今年は一段と風が強く
設置した竹筒がすべてボーリングのストライクのように倒れていきます。それでもまたみんなで立て直す。いたちごっこでした。


c0332392_00035047.jpeg
 

c0332392_00043028.jpeg

しかし18時からの点灯ではミラクルが起きました!風がピタリと止んだのです。
色とりどりの手づくりキャンドルが一層引き
立てます。

c0332392_00130293.jpeg


c0332392_00135144.jpeg

文教大学の生徒さんは音響設備を設置してくれ会場を盛り上げてくれました。

被災地に住む皆さんへ慰霊と復興の願いを込めて黙祷
思いが風に乗って被災地へ届いたことと思います。たくさんのメッセージが寄せられました。
ありがとうございました。

自立生活サポートセンターの矢吹さんから被災地への想いを込めて挨拶をいただきました。

地域の歌の会の皆さんは「花は咲く」や「上向いて歩こう」など被災地へ想いを込めて歌ってくれました。

 


c0332392_00155419.jpeg


c0332392_00151591.jpeg


でも、みんなの気持ちに感動して涙でキャンドルナイトは一層きれいでした。

震災から5年。
時の流れは早いです。
津波被害
原発事故
被災地の復興はまだ遠いです。
しかしみなさんがそれぞれが置かれた場所で
懸命に踏ん張ってます。
5年という歳月の感じながら、
明るく照らす光の場所へ小さな舟を漕ぎ出す事でしょう。


協力頂いた向島地域の皆様、京都文教大学様、
支援団体様、避難ママ達ありがとうございました。




















iPhoneから送信


iPhoneから送信

[PR]
by egaotunagarou | 2016-03-22 23:48 | Comments(2)

笑顔つながろう会
高木です。

あけましておめでとうございます。

皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?
昨年に引き続き、笑顔つながろう会は微力ながらも被災者支援に努め、またつながる皆さんと元気をあげたり、もらったりしながら
楽しく子育て、情報交換などをして行きたいと思っております。🎵
当会の趣旨をご理解いただき
本年もよろしくお願いします。
また、応援いただいております向島地域の皆様、支援団体様、個人の皆様 避難ママ 子ども達
本年もよろしくお願いします。

第18回
「お裁縫会&茶話会」のご案内
日時
時間内は出入り自由。
お好きな時間においでください。
お昼は各自でご準備ください。
(スーパー、喫茶店も近くにあります。)

場所 京都文教マイタウン向島
                                       (MJ)
アクセス
向島駅下車徒歩13分
京都銀行向島支店の裏側、
靴屋さんのとなりにあります。

内容    ティシュBOXカバー作り
(販売品用)
裁断から仕上げまで流れ作業で行います。

参加費         お菓子1品

持ち物         お裁縫道具

初めての方の参加もお待ちしております。





































[PR]
by egaotunagarou | 2015-01-14 06:44 | Comments(0)

随分寒くなりましたね。
今年もあとわずかです。早いものですね。

11月29日のお裁縫会&茶話会の報告をします。
この日は原発賠償裁判京都の原告の共同代表Fさん、大阪の避難ママMさん親子、
向島地域のKさんも参加。
新しいつながりに感謝です。
25名の参加(うち避難者 13名)


好評の匂い袋 製作中
c0332392_07460764.jpg

布の色とりどりの柄やお香の匂いを楽しみながら50個完成
c0332392_07455934.jpg


子供達は羊毛フェルトでお財布作りに夢中
c0332392_07481731.jpg


洗剤を袋に入れて羊毛をもみもみ003.gif
子供らしいかわいいお財布が完成しました(完成品の画層がなくてごめんない)
c0332392_07464455.jpg
こんな感じで今年最後のお裁縫会が終了053.gif

来年のお裁縫会&茶話会開催日はまた後日お知らせします。













[PR]
by egaotunagarou | 2014-12-07 10:04 | Comments(0)
笑顔つながろう会
高木久美子です。


昨年に引き続き戦争、原爆、震災写真展を企画しました。
是非お時間がある方は起こしください。


「戦争 原爆写真展 震災写真展
     語り継ぐ
〜平和•いのちの標〜in向島」
 
日時
                     
会場 
京都文教マイタウン向島
                                (MJ)

アクセス
近鉄 向島駅下車 北東へ徒歩13分
京都銀行向島支店の裏側にあります。

入場無料

★戦争体験者のお話会
会場     同じ

語り部
                                    
•学徒動員体験談 (舞鶴にて)
•集団疎開体験談  (伊根町にて)
•広島原爆被害体験談 
                         (爆心地2キロ)

お問い合わせ  高木

皆様へ
主催 
MJ実行委員
    高木久美子(笑顔つながろう会)

終戦から69年目の8月6日
私は広島の地に生まれてはじめて降り立ちました。
どうしても、あの夏の日、
犠牲になった方々に手を合わせたく願いが叶いました。

また、福島第一原発事故が収束のメドも立たない中、被災者の命や健康、生活を守る事よりも原発再稼働、復興を優先する国の姿勢に疑問と不安を感じておりました。

今回、広島で被害に会われた方々の沢山の話を聞き、長い間のご苦労が伝わりました。
「先人に学ぶ」まさしく言葉の通りで、今後の活動の方向性やヒントをもらい勇気づけられた2日間でした。

原爆で被害を受けた方々や戦争を体験した方々の平和を願う思いが、これまでの私達を守ってくれたと改めて感じます。

福島第一原発事故の被害を受けた当事者だからこそ、平和を願わずにはいられません。

放射能汚染で、人々を苦しめる
原発

核を生み、核兵器をつくり、やがて戦争への道へとつながる
原発
未来には残してはいけない!


戦争や原爆、そして福島の原発事故を決して、風化させることなく伝え続けることが大切だとさらに強く思いました。

未来の子ども達や大切な人のために、そして今も平和に幸せに生きるために
皆さんと共に学び、伝えつづけて生きたいと思います。

写真展に足を運んで頂きたく、ご案内いたします。
よろしくお願いします。




























[PR]
by egaotunagarou | 2014-11-04 13:05 | Comments(1)