カテゴリ:お知らせ( 33 )

笑顔つながろう会
高木です。
毎月20日発売の DAYS JAPAN 7月号に、京都の避難者による原告団の記事が4ページに亘り力強く掲載されました。
c0332392_15591884.jpg

続いて笑顔つながろう会紹介記事も載りました。
小さなスペースですが‥感動してます(45ページ)。
なかなか本が手に入りませんが、京都駅の地下の本屋さんにありました。ぜひ手にとって下さい。
お裁縫会で皆さんで作った匂い袋と、昨年5月に発送した京都のお米、お野菜の詰合せの笑顔セットが写真に使われました。

原発事故事故後の避難は、誰もが悩み苦しんだ決断でした。
家族での避難。
夫を残し母子だけの避難。
母子家庭の避難。
単身での避難。
関東からの避難。
他も色々な形の避難があったと思います。

人は、孤立したら淋しさで不安が増し、元気が無くなります。
初めは小さなお茶会で、避難ママがおしゃべりする場を持ちたいとおもい、交流会や食事会を主催。
月日と共に輪がひろがり、多くの方々が笑顔になれる取組みへとつながりました。

秋には被災地へ笑顔セットを届けるために、今年も走りはじめてます。
安心して食べる事が、何よりも身体にいいです。
イベント会場に手作り品の販売に呼んで頂いてます。資金を作り頑張りたいと思います。
ぜひ、お見かけの際はご協力をお願いします。

避難した私達が、被災地に住む方々の力になりたい。
避難した人々と被災地に住む人々がつながり続ける。
事故を風化させる訳にはいきません。
未だに収束などしてませんし!

子ども達の生きる日本が、安心で暮らせるように、放射能汚染から皆が守られためにも、
事故5年目の放射能汚染を一人でも多くの方々が知ってください。
間違った国作りにならないためにも、一人でも多くの方々に気がついて欲しいのです。
できる事からでいい!声を上げて一緒に歩いて欲しいです。

70年前に起きた原爆投下…
日本は核により、沢山の人々を失いました。
あの時で学んだはずです。
もう、核を生み出す原発再稼働などはあってはいけないです。
再び事故が起きたら‥
これ以上苦しむ人々を増やしてはいけません。
人々の体と心に優しい自然エネルギーに転換を願います。

笑顔つながろう会は、被災者の身近な暮らしに寄り添える取組みをしたいと考えてます。
関わる皆様がお互い元気をもらったり、あげたりしながら今後も笑顔でつながり歩んで頂きたいです。

[PR]
5月15日、福島県庁へ行き住宅要請を京都に避難中のママ5名と行って参りました。
この行動を皮きりに朝日新聞の報道や、福島県の新聞、NHKのニュースにながれ大きな事としてとりあげられました。
福島県は帰還政策を重要視しててます。避難者住宅の延長を考えるどころか、打切り時期も検討されてます。
 打切りで、帰還を考える人達が増えます。
  理不尽な被曝を強いらされる事のないよう、安心して暮らせる環境で子育てをしたい。
今後、福島から避難したいと思う人達の希望でもありたいです。

県外に避難したみなさんが、被曝を避け安心、安全に暮らせる権利を伝えなくてはいけないと感じます。


第21回
「お裁縫会&茶話会のご案内」

                      11時〜16時半
出入り自由。
昼ご飯は各自でお取りください。

場所  
京都文教マイタウン向島
                                            MJ
アクセス
近鉄線   向島駅下車徒歩13分
                  京都銀行向島支店 裏側
参加費    
お菓子一袋

持ち物   
お裁縫道具

内容 
 好評の 販売用  ティシュボックスカバー作り(流れ作業)をします。
そのた

お問合せ
egaotunagarou@gmail.com
(高木)


京都子ども健康相談会のご案内

5月26日福島県大阪事務所へいきます。
住宅の長期無償提供要請について

★5月5日
ドネーションシップ分かち合い祭りに笑顔つながろう会も参加しました。








[PR]
念願のおしどりマコ•ケンさんが5月13日、京都文教大学にやってきました〜。
003.gif
マコ・ケンさんのトークに会場は笑いに包まれる場面も多く、
参加者は飽きる事なく聞けました。

事故後の東電記者会見を全部見てた事、
メディアの力関係、汚染水、凍土壁、
原発作業員の事。東電の記者会見でマコさんの質問で、放送事故が起こった事、公安から尾行されていたので、
知らんふりをしてその人に突撃インタビューしたこと。
吉本の先輩芸人さんの事。
ドイツの子ども達の事。
福島の子どもが親に隠れて放射能に対し本音を打ち明けた子が多い事など。

そして、国民がもっと考える力を養う事の大切を話してくれました。

その後、講演会以外でのお話をする時間がありました。

とにかくお二人の仲の良さは見てるだけでほっこりします。癒されました。
とことんケンカをするそうです。(笑)二人のケンカは録音するそうです。ケンカするにも言葉を選ぶケンカになるそうで緊張するケンカのようです。(爆笑)

印象深い内容では
これから他国で原発が作られる計画が沢山あり、
原発事故がおきても大丈夫というモデル国に、日本はなりつつあること。
被害者の私たちが、加害者になりうる。
日本国民が世界に対し加害者となってしまう。

聞いてて、鳥肌が立ちました。

県民健康調査では地域での調査がメインだが、家族単位の検査が必要など。
家族単位での健康被害者が多いなど。
盛り沢山でした。

平日のイベントでしたから、お仕事されている方々から
「仕事で参加できない!残念」と、メールがかなりありました。

また、会いたいお二人でした。
以上報告します。

[PR]
第20回お裁縫会&茶話会のご案内

みなさま!お元気ですか?
ブログをアップできてなくてごめんなさい。
活動をさぼっていたのではなく
忙しい過ぎてアップもできませんでした。

あっと言う間に4月も下旬ですね。
この間、3.11イベント、 避難ママとの味噌づくり、19回お裁縫会も順調に開催しておりました。
また、お話会、住宅無償提供の公聴会などに出席してる間に4月下旬です。(笑)

第20回「お裁縫会&茶話会のご案内」

日時  
4月25日(土曜日)
 午後1時より4時半まで
 都合つく時間に起こしください。

※今回はかいし時間にご注意ください〜

場所  
京都文教マイタウン向島
     MJという愛称で呼ばれてます

参加費    
お菓子一袋

持ち物   
お裁縫道具

内容 
  販売用  ティシュボックスカバー作り(流れ作業)をします。
ご参加くださいませ。

午前中は
住宅無償提供についての意見交換会を、開催しますので
避難者の方々のご参加をお待ちしてます。
詳しい案内もブログ内にあります。






[PR]
京都避難者のみなさまへ
「住宅無償についての意見交換会」のご案内

日時
4月25日(土曜〉10時〜11時半

場所  京都文教マイタウン向島
(京都銀行向島支店  裏側〉
最寄り駅  近鉄線
  向島駅から徒歩13分

参加費
無料

  現在、避難者の抱える問題は月日を追う事に多種多様化し経済面、精神面でも困難が浮き彫りになってきました。
   中でも避難者にとって、今後の住宅無償提供は京都の避難者だけではなく、全国各地の避難者にとっても一番の問題でもあります。
   毎年  京都府、京都市は1年ごとの延長を発表する事に留まり、その先は未定であります。住宅無償提供はありがたい事ではありますが、私たちの生活は落ち着いて暮らせず先の人生計画すら立てられずにおります。
このままでは
来年で無償が終了する世帯も、出始めます。
これまで、毎年署名活動、お手紙作戦、住宅要請行動を福島県、京都府、京都市、関係機関へ対しおこなってきましたが、国や福島県の帰還支援政策がより強く、今後の避難住宅延長も困難な状況を感じます。皆様の思いや考えを直接お聞きし、今後の解決作をにつなげていきたいと思っております。
   いつも私達避難者の立場にたち行政への住宅要請行動を共にしてくれてます、「うつくしまふくしまin京都」の奥森代表から、避難者のおかれている現状、今後の住宅無償提供、子ども被災者支援法などについてもお話があります。
当日はぜひ、ご参加くださいますようご案内します。


   追伸  桃山の自治会長から行政に対するお手紙作戦の提案がありました。書式も送られております。書ける方はご連絡をください。

連絡先
高木
egaotunagarou@gmail.com




[PR]
笑顔つながろう会
高木久美子です。

今年で3回目となる
「3.11メモリアルキャンドルinむかいじま2015」を開催します。

私事ですが、京都に避難して3年を迎えます。
避難してきた私達ができる事は微力ではありますが、支えてくださる皆様と共に実現できております。
本当に感謝です。
沢山の方々に被害の状況、被災者の思いを知って欲しいです。
是非ご来場をお待ちしております。

以下、
ご案内します。


東日本大震災から4年を迎えようとしてます。
2011.3.11の大地震により尊い命が奪われました。
そんな大混乱の中、福島第一原発事故が発生。現在進行形の放射能汚染は拡大しており、人々の健康不安は増すばかりです。
この放射能汚染は見逃すわけにはいかないのです。
どうか沢山の皆様に3.11を伝えたいです。
共に命、健康の尊さを学び合いたいと思っております。
是非、ご来場いただけますよう
お願い申しあげます。


3.11メモリアルキャンドルinむかいじま2015

★飛田晋秀写真展
        福島のすがた  3.11で止まった町
期間
                     (7日のみ19時まで)

★お話会

飛田晋秀さん
 福島のすがた  3.11で止まった町

福島敦子さん
  「 原発避難者の生活と訴訟裁判の行方」


★キャンドル点灯
「慰霊と復興への願いを込めて」
雨天の場合は3月8日  (日曜日)

いずれも入場料無料
「キャンドル寄付一口100円」
をお願いします。

⭕写真展・ キャンドル点灯会場

京都府京都市伏見区向島四ッ谷池14-19 向島ニュータウンセンター商店街B-12
京都文教マイタウン向島

アクセス
近鉄向島を下車まっすぐ北東へ
直進徒歩15分京都銀行向島支店の後ろになります。

イベントについての問い合わせ先
egaotunagarou@gmail.com
                                      高木

3.11メモリアルキャンドルチラシをご覧になれます。

http://idekoma.mond.jp/temp/memorialcandle2015.pdf








[PR]
高木です。
お時間がありましら是非おこしください。




うつくしま☆ふくしまin京都
 
  2014/12/7
 
  第4回年越しまつり
+++++++++++++++++++++++++++
 
 東日本大震災、福島第一原発事故から4度目の年末年始となります。日々大変
な避難・移住生活ではありますが、2015年が少しでも良い年となることを願っ
て、「第4回年越しまつり」を開催します。みんなで楽しい一日を過ごしまし
ょう。  
 ご家族そろってご参加ください。
 
と き:2014年12月7日(日)
12:00〜15:00
 
ところ:桃山東合同宿舎・集会所周辺
 
参加費:中学生以上500円・小学生300円・乳幼児無料
 
*お箸と食器を持参された方は、100円割引
 
年越しまつりメニュー(案)
・大餅つき大会
・模擬店(豚汁・焼きそばなど)
・ほろ酔い(日本酒、ビール、焼酎など)
・わいわい交流会(食べて、飲んで、語ろう)
・子どもむけ企画検討中・カラオケ大会?
・恒例じゃんけん大会
 
 お手伝いしていただける方は午前11時に集会所前にお集まりください!
お酒や食べ物の差し入れ大歓迎です! みんなで楽しみましょう!
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
うつくしま☆ふくしまin京都

[PR]
笑顔つながろう会
高木です。


10月26日に向島で行いました、秋の祭典はお天気に恵まれ、たくさんの方々が笑顔つながろう会の
ブースに立ち寄ってくださいました。
お祭りで集まった義援金を会長さんから、当会にいただきました。
また、Kさんからもいただきました。本当に感謝いたします。


お手伝いくださいました皆様、ありがとうございました。


「第17回お裁縫会&茶話会 のご案内」

11月29日(土)
11時半〜16時半まで
●場所  京都文教マイタウン向島
    向島駅下車徒歩13分
    京都銀行向島支店の裏側になり              ます。

内容
•期間限定  雪だるまちゃん作り
•匂い袋の制作
•ビーズのネックレス作り
•羊毛フェルトで作るサイフづくり   (有料300円)

参加費    お菓子1品

時間内は出入り自由
見学だけでも構いません(^ ^)
お昼ご飯は各自で済ましてください。MJで食べてOKです。
スーパー、喫茶店もあります。

終了後はMJでお食事会を予定します。
鍋パーティーをします。
会費は大人700円
子どもは中学生200円 
小学生100円 幼児無料です。
お願いします。

次回の開催予定は1月です。




iPhoneから送信

[PR]
笑顔つながろう会
高木です。

ずいぶんと寒くなりました。
マスクをされてる人もチラホラ見られます。
最近では、インフルエンザの予防接種の言葉も聞こえてきますね。冬にむけて体調管理をしましょうね。

9月のお裁縫会では20名の参加でした。
とっても賑やかな時間でした。
お財布作りも楽しく中々の出来になりました。今回もご参加お待ちしてます。

★「第16回お裁縫会&茶話会」のお知らせ

日時 10月18日(土)
10時半〜16時半
出入り自由
場所 京都文教マイタウン向島
(通称MJ)
アクセス
京都文教マイタウン向島
近鉄向島駅下車
徒歩東方向直進13分
京都銀行向島支店目指して来てください。靴屋さんの隣りにあります。

•参加費 お菓子1袋

•持ち物 お裁縫道具

内容
販売用の手づくり品制作
• 匂い袋(注文分)
•編み物
•ビーズ
•他

•羊毛フェルトお財布づくり(自分用)
(材料費300円)

•お昼ご飯は各自でお願いします。
MJで食べてOK
向かいはスーパー 喫茶店あり

( ※被災地新米の発送作業を同時に行います。お手伝いが可能な方、10時半から行いますのでお願いします。)

みなさんに、会える事を楽しみにしてます。



[PR]
こちらも、すでに終了したものですが、記録としてアップしておきます。
この日も、ネックレスの売れ行きは上々だったそうですよ。そして、デルテ先生にも、プレゼントされたそうです。 komaru

チェルノブイリ原発事故後の健康被害解明の経過に精通したIPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部の専門家でもあるドイツの女医さん、デルテ ジーデントプラ医師が来日され、「チェルノブイリ原発事故による欧州の健康被害」と題してお話されるそうです。高木さんもスタッフで参加されるそうです。

・7月29日(火)18:30~
・キャンパスプラザ京都第2講義室
・参加費:一般1000円 避難者・学生500円

[PR]
by egaotunagarou | 2014-09-16 22:20 | お知らせ