カテゴリ:お知らせ( 37 )

避難している子ども達にピアノを教えてくださっている、「京都ピアノとうたの音楽ひろば」上平さんからメールをいただきました。

歌を作ったそうで、
2番目の歌詞は笑顔つながろ会だと。

本当にビックリ!しました。

作詞は上平さん、作曲は重吉さん。

避難者の想いがすばらしく表現しています。

多くの避難者に寄り添ってきたからこそですね。

これまでの、ひとつひとつの出来事が脳裏に浮かび、自分に優しくなれる曲だなって思いました。

サビは溢れる想いが歌詞と曲とマッチしてて、頭の中でずっと流れてます。

絶望でもなく希望でもなく、今を歌にしてくれてます。

大切な人達への思いが入ってますね。

初めて聴いて、涙がポロポロとこぼれました。

上平さんは「賛否両論あると思います」って、気を使われておりました。

そのお気持ちはわかります。色々な複雑な考えがありますから。

少しずつ皆さんに浸透できたらと思います。

笑顔つながろ会のブログに訪問された方は、批判する事などないと思います。
どうか、温かく見守ってください。

先日の笑顔セット発送でもCDを送りました。

====================

♪ 「あなたへ」  作詞 上平  作曲 重吉


1 もう何度 満開の桜を見ただろうか

揺れるブランコ 絵本とおもちゃ かすかなピアノの音

もうこんなにも大きくなったと

クローバー摘む子どもたちを 見つめるお地蔵さま



ただ大切な人を守りたいと 

ふるえる心でこの町に来た

私は今日もこの町で 生きてゆきます

いつもいつも 思っています 

大切なあなたへ あなたへ



2 たくさんの 住宅の群れにも慣れて来た

お茶とお菓子と ミシンの音 つながる笑顔の部屋

もうこんなにも時が経ったと

遠い町へ祈り込めて ともす灯篭(とうろう)の火



あの町で生きるあなたに 毎朝 

心の中で「いってらっしゃい」と

離れていてもあなたは 私の誇り

いつもいつも 想っています

愛するあなたへ あなたへ



3 1週間が10日になり 気が付けば4年が過ぎた

原告席で 仲間と一緒に こぶし握る私

なぜ 今 私が この場所にいるのか

自分でも分からない ただ普通の母親だったのに



悲しい時も 辛い時も そばには

私を支える人たちが居る

私はいつも信じてる ひとりじゃない、と

いつもいつも 思っています

あの町のあなたへ この町のあなたへ

愛するあなたへ あなたへ


★オリジナルソングのレコーディングしたものをギターの重吉さんがyoutubeにUPしてくれました。良かったらご覧ください

http://youtu.be/tokQAdeKcV4
[PR]

笑顔つながろう会  
 (BCC配信)
第24回
お裁縫会&食事会のご案内

皆様こんにちは〜
高木久美子です。

笑顔つながろ会のお裁縫会も24回目を迎えます。
今回は支援者の立川さんのお宅で、お裁縫会&食事会を開催する事になりました。
ぜひ、ご参加ください。


「第24回
         お裁縫会&食事会のご案内」
日時
(都合つく時間に来て、お帰り頂いてもok)

場所
☆必ず読んで〜。
丹波橋  支援者立川さんのお宅
アクセス方法は最後尾に記載してます。

内容
      販売品作り。
  ・注文品ストラップ作・ビーズのネックレス、ブレスレット、他。
   ・ 編み物   座布団  他


参加費
・食べ物1品  (例   飲み物、お菓子、惣菜など1品を提供ください。)
・材料費  100円  子ども無料(高校生以下)

・食事会  大人1000円 (食べ物、飲み物)
               大学生  300円
              子ども無料(高校生以下)

持ち物   
   編み物の方はかぎ針をお持ちください。

食事会 
    お裁縫会終了後   夕方6時

懇親会
 作業の続きをしたい方は夜なべも可、ざこ寝ですがお泊りも可!
     
秋の夜長を一緒に楽しみましょう♪今回も多少作業が細かいので、見えのよくない方は、素敵なメガネをお持ち頂く事をお勧めします。(*^^*)

★アクセス
近鉄・京阪の「丹波橋駅」から徒歩7〜8分です。
西出口(京阪改札口のすぐ脇)の階段を降ります。
階段を降りたら、そのまま道を横切ってまっすぐ細い道(少し下り坂)を直進。
板橋小学校の校庭に突き当たります。
そこで左に曲がる。一つ目の角(信号)を右に曲がる。
まっすぐ行ったら右に
京都市立伏見中学校があり、角に交番があります。
ここまで来たらお電話下さい。迎えにいきます。001.gif

電話番号0756213128(立川)
お車の方は近くにコインパーキングがあります。

お食事会、お泊り会参加の方は、
準備の都合もあり大体の人数を把握したいので、ご連絡くだされば助かります。
もちろん、当日フリー飛び入りでも
大丈夫! 
是非ご参加くださ*\(^o^)/*
問合せ

アクセス問合せ
電話番号0756213128(立川)













[PR]
皆様、お元気ですか?最近は少し暑さも和らいだ気がします。
しかし、京都の夏は油断できませんね。

15日、終戦から70年…
それからは、
本当に日本は素晴らしく復興してきたと思います。
しかし、復興の影には沢山置き去りにされた人々がいた事に、いたたまれない気持ちになります。

国が国民を苦しめる世の中にならないよう、命が優先される世の中でありますように。
皆が幸せに暮らせますように。

第23回  お裁縫会&茶話会のご案内

大好評第2弾!
夏きらめくアクセサリー作り
を開催します。

8月29日土曜日
          午後1時から4時半まで
参加費  お菓子1袋
材料費   大人100円
              子ども無料
内容     ピアス イヤリング ブレスレッド作り。


場所    京都文教マイタウン向島
                 (通称  MJ)
アクセス  
近鉄  向島駅下車  徒歩13分
  「 京都銀行向島支店」を目指して来てください。銀行の裏側 に商店街があります。靴屋の隣りです

内容
大好評のアクセサリー作りを開催します。
自分用、販売用と作ります。
 また、秋冬に向けてデザインを出し合いましょう(^o^


[PR]

第22回
お裁縫会のご案内
夏きらめくアクセサリー作り!
を開催します。


参加費 お菓子1袋

材料費 大人100円
子ども無料
場所 京都文教マイタウン向島
向島駅 (近鉄)下車
徒歩13分
京都銀行向島支店裏側

是非、ご参加くださいませ!

☆お知らせ
デイズジャパン7月号に「笑顔つながろう会」が紹介されました。
(45ページ目です。)
是非、お手にとってください。

また、京都原告団7名の声、
京都支援の会の記事、提訴の記事が4ページに渡り掲載されてました。是非ご覧ください。o(^▽^)o


デイズジャパン
http://www.daysjapan.net/

アルモンデ
http://arumonde.com/

ドネーションシップわかちあい

サポート紡
http://s.ameblo.jp/support-tumugi/


京都市民放射能測定所のブログ
http://crmskyoto.exblog.jp/

原発賠償訴訟
京都原告団を支援する会
http://shienkyoto.exblog.jp/











[PR]
笑顔つながろう会
高木です。
毎月20日発売の DAYS JAPAN 7月号に、京都の避難者による原告団の記事が4ページに亘り力強く掲載されました。
c0332392_15591884.jpg

続いて笑顔つながろう会紹介記事も載りました。
小さなスペースですが‥感動してます(45ページ)。
なかなか本が手に入りませんが、京都駅の地下の本屋さんにありました。ぜひ手にとって下さい。
お裁縫会で皆さんで作った匂い袋と、昨年5月に発送した京都のお米、お野菜の詰合せの笑顔セットが写真に使われました。

原発事故事故後の避難は、誰もが悩み苦しんだ決断でした。
家族での避難。
夫を残し母子だけの避難。
母子家庭の避難。
単身での避難。
関東からの避難。
他も色々な形の避難があったと思います。

人は、孤立したら淋しさで不安が増し、元気が無くなります。
初めは小さなお茶会で、避難ママがおしゃべりする場を持ちたいとおもい、交流会や食事会を主催。
月日と共に輪がひろがり、多くの方々が笑顔になれる取組みへとつながりました。

秋には被災地へ笑顔セットを届けるために、今年も走りはじめてます。
安心して食べる事が、何よりも身体にいいです。
イベント会場に手作り品の販売に呼んで頂いてます。資金を作り頑張りたいと思います。
ぜひ、お見かけの際はご協力をお願いします。

避難した私達が、被災地に住む方々の力になりたい。
避難した人々と被災地に住む人々がつながり続ける。
事故を風化させる訳にはいきません。
未だに収束などしてませんし!

子ども達の生きる日本が、安心で暮らせるように、放射能汚染から皆が守られためにも、
事故5年目の放射能汚染を一人でも多くの方々が知ってください。
間違った国作りにならないためにも、一人でも多くの方々に気がついて欲しいのです。
できる事からでいい!声を上げて一緒に歩いて欲しいです。

70年前に起きた原爆投下…
日本は核により、沢山の人々を失いました。
あの時で学んだはずです。
もう、核を生み出す原発再稼働などはあってはいけないです。
再び事故が起きたら‥
これ以上苦しむ人々を増やしてはいけません。
人々の体と心に優しい自然エネルギーに転換を願います。

笑顔つながろう会は、被災者の身近な暮らしに寄り添える取組みをしたいと考えてます。
関わる皆様がお互い元気をもらったり、あげたりしながら今後も笑顔でつながり歩んで頂きたいです。

[PR]
5月15日、福島県庁へ行き住宅要請を京都に避難中のママ5名と行って参りました。
この行動を皮きりに朝日新聞の報道や、福島県の新聞、NHKのニュースにながれ大きな事としてとりあげられました。
福島県は帰還政策を重要視しててます。避難者住宅の延長を考えるどころか、打切り時期も検討されてます。
 打切りで、帰還を考える人達が増えます。
  理不尽な被曝を強いらされる事のないよう、安心して暮らせる環境で子育てをしたい。
今後、福島から避難したいと思う人達の希望でもありたいです。

県外に避難したみなさんが、被曝を避け安心、安全に暮らせる権利を伝えなくてはいけないと感じます。


第21回
「お裁縫会&茶話会のご案内」

                      11時〜16時半
出入り自由。
昼ご飯は各自でお取りください。

場所  
京都文教マイタウン向島
                                            MJ
アクセス
近鉄線   向島駅下車徒歩13分
                  京都銀行向島支店 裏側
参加費    
お菓子一袋

持ち物   
お裁縫道具

内容 
 好評の 販売用  ティシュボックスカバー作り(流れ作業)をします。
そのた

お問合せ
egaotunagarou@gmail.com
(高木)


京都子ども健康相談会のご案内

5月26日福島県大阪事務所へいきます。
住宅の長期無償提供要請について

★5月5日
ドネーションシップ分かち合い祭りに笑顔つながろう会も参加しました。








[PR]
念願のおしどりマコ•ケンさんが5月13日、京都文教大学にやってきました〜。
003.gif
マコ・ケンさんのトークに会場は笑いに包まれる場面も多く、
参加者は飽きる事なく聞けました。

事故後の東電記者会見を全部見てた事、
メディアの力関係、汚染水、凍土壁、
原発作業員の事。東電の記者会見でマコさんの質問で、放送事故が起こった事、公安から尾行されていたので、
知らんふりをしてその人に突撃インタビューしたこと。
吉本の先輩芸人さんの事。
ドイツの子ども達の事。
福島の子どもが親に隠れて放射能に対し本音を打ち明けた子が多い事など。

そして、国民がもっと考える力を養う事の大切を話してくれました。

その後、講演会以外でのお話をする時間がありました。

とにかくお二人の仲の良さは見てるだけでほっこりします。癒されました。
とことんケンカをするそうです。(笑)二人のケンカは録音するそうです。ケンカするにも言葉を選ぶケンカになるそうで緊張するケンカのようです。(爆笑)

印象深い内容では
これから他国で原発が作られる計画が沢山あり、
原発事故がおきても大丈夫というモデル国に、日本はなりつつあること。
被害者の私たちが、加害者になりうる。
日本国民が世界に対し加害者となってしまう。

聞いてて、鳥肌が立ちました。

県民健康調査では地域での調査がメインだが、家族単位の検査が必要など。
家族単位での健康被害者が多いなど。
盛り沢山でした。

平日のイベントでしたから、お仕事されている方々から
「仕事で参加できない!残念」と、メールがかなりありました。

また、会いたいお二人でした。
以上報告します。

[PR]
第20回お裁縫会&茶話会のご案内

みなさま!お元気ですか?
ブログをアップできてなくてごめんなさい。
活動をさぼっていたのではなく
忙しい過ぎてアップもできませんでした。

あっと言う間に4月も下旬ですね。
この間、3.11イベント、 避難ママとの味噌づくり、19回お裁縫会も順調に開催しておりました。
また、お話会、住宅無償提供の公聴会などに出席してる間に4月下旬です。(笑)

第20回「お裁縫会&茶話会のご案内」

日時  
4月25日(土曜日)
 午後1時より4時半まで
 都合つく時間に起こしください。

※今回はかいし時間にご注意ください〜

場所  
京都文教マイタウン向島
     MJという愛称で呼ばれてます

参加費    
お菓子一袋

持ち物   
お裁縫道具

内容 
  販売用  ティシュボックスカバー作り(流れ作業)をします。
ご参加くださいませ。

午前中は
住宅無償提供についての意見交換会を、開催しますので
避難者の方々のご参加をお待ちしてます。
詳しい案内もブログ内にあります。






[PR]
京都避難者のみなさまへ
「住宅無償についての意見交換会」のご案内

日時
4月25日(土曜〉10時〜11時半

場所  京都文教マイタウン向島
(京都銀行向島支店  裏側〉
最寄り駅  近鉄線
  向島駅から徒歩13分

参加費
無料

  現在、避難者の抱える問題は月日を追う事に多種多様化し経済面、精神面でも困難が浮き彫りになってきました。
   中でも避難者にとって、今後の住宅無償提供は京都の避難者だけではなく、全国各地の避難者にとっても一番の問題でもあります。
   毎年  京都府、京都市は1年ごとの延長を発表する事に留まり、その先は未定であります。住宅無償提供はありがたい事ではありますが、私たちの生活は落ち着いて暮らせず先の人生計画すら立てられずにおります。
このままでは
来年で無償が終了する世帯も、出始めます。
これまで、毎年署名活動、お手紙作戦、住宅要請行動を福島県、京都府、京都市、関係機関へ対しおこなってきましたが、国や福島県の帰還支援政策がより強く、今後の避難住宅延長も困難な状況を感じます。皆様の思いや考えを直接お聞きし、今後の解決作をにつなげていきたいと思っております。
   いつも私達避難者の立場にたち行政への住宅要請行動を共にしてくれてます、「うつくしまふくしまin京都」の奥森代表から、避難者のおかれている現状、今後の住宅無償提供、子ども被災者支援法などについてもお話があります。
当日はぜひ、ご参加くださいますようご案内します。


   追伸  桃山の自治会長から行政に対するお手紙作戦の提案がありました。書式も送られております。書ける方はご連絡をください。

連絡先
高木
egaotunagarou@gmail.com




[PR]
笑顔つながろう会
高木久美子です。

今年で3回目となる
「3.11メモリアルキャンドルinむかいじま2015」を開催します。

私事ですが、京都に避難して3年を迎えます。
避難してきた私達ができる事は微力ではありますが、支えてくださる皆様と共に実現できております。
本当に感謝です。
沢山の方々に被害の状況、被災者の思いを知って欲しいです。
是非ご来場をお待ちしております。

以下、
ご案内します。


東日本大震災から4年を迎えようとしてます。
2011.3.11の大地震により尊い命が奪われました。
そんな大混乱の中、福島第一原発事故が発生。現在進行形の放射能汚染は拡大しており、人々の健康不安は増すばかりです。
この放射能汚染は見逃すわけにはいかないのです。
どうか沢山の皆様に3.11を伝えたいです。
共に命、健康の尊さを学び合いたいと思っております。
是非、ご来場いただけますよう
お願い申しあげます。


3.11メモリアルキャンドルinむかいじま2015

★飛田晋秀写真展
        福島のすがた  3.11で止まった町
期間
                     (7日のみ19時まで)

★お話会

飛田晋秀さん
 福島のすがた  3.11で止まった町

福島敦子さん
  「 原発避難者の生活と訴訟裁判の行方」


★キャンドル点灯
「慰霊と復興への願いを込めて」
雨天の場合は3月8日  (日曜日)

いずれも入場料無料
「キャンドル寄付一口100円」
をお願いします。

⭕写真展・ キャンドル点灯会場

京都府京都市伏見区向島四ッ谷池14-19 向島ニュータウンセンター商店街B-12
京都文教マイタウン向島

アクセス
近鉄向島を下車まっすぐ北東へ
直進徒歩15分京都銀行向島支店の後ろになります。

イベントについての問い合わせ先
egaotunagarou@gmail.com
                                      高木

3.11メモリアルキャンドルチラシをご覧になれます。

http://idekoma.mond.jp/temp/memorialcandle2015.pdf








[PR]