<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


笑顔つながろう会
「第34回 お裁縫会&茶話会」ご案内


高木&水田です。
寒さが身にしみる毎日なりました。紅葉の季節がやってきましたね。
今年最後のお裁縫会です。ぜひご参加ください。

日時
11月26日(土)10時半から16時半

内容:

【スワロフスキー手作り講座】

10時30分~12時
☆キラキラ光るスワロフスキーを使ってアクセサリー(ペンダント)を作ります。
初心者の方でも簡単に作れます。クリスマスのプレゼントとしてご自分の褒美に!又はお友達に!
講師
・林 むつみ先生

参加費
・500円 (材料費のみ)
☆当日にゴールドかシルバーかをお好みで選べます。
なお、材料等用意するの為、本講座にご参加になさる方は11月23日(水)までお申し込みください。


【横断幕作成】
横断幕の注文を頂いてます。参加の皆さんからアイデアを頂き、作成に取り掛かりたいと思います。
13時~16時半
持ち物
・裁縫道具
参加費
・お茶菓子1品又は飲み物

場所
京都文教マイタウン向島(MJ)
(京都銀行向島支店裏側になります。靴屋さんの隣)

出入り自由、ご都合のつく時間にお越しください。

アクセス
向島駅から徒歩13分。または、
向島駅発向島ニュータウン内巡回の近鉄バスに乗り「センター前」で下車し徒歩2分。
車でのご来場はお控えください。
又はご相談ください。

お問い合わせ
07066899786 高木
08018001941 水田
iPhoneから送信


前回のお裁縫会の様子
http://egaotunagu.exblog.jp/26123126/

民の声新聞
自主避難者から住まいを奪うな】京都で支援団体が公聴会。
http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com/blog-entry-78.html?sp


[PR]
10月23日
向島で秋の祭典を開催。
毎回参加して今年で4回目になります。
笑顔つながろう会は、手作り品の販売をしました。
立ち止まり購入していただけて感謝です。
避難した子どもが作った手作りブレスレットは好評です。地域の子ども達が沢山買ってくれました。
避難者のwataさん手作りの
会津の巾着袋や地域の皆さんから頂いた布で巾着袋をつくっていただきました。

c0332392_08533186.jpg

c0332392_08542477.jpg

c0332392_08551745.jpg

c0332392_08560565.jpg

c0332392_08564988.jpg

c0332392_08573506.jpg

ステージも唄や踊り、吹奏楽など盛りだくさんでした。
c0332392_08580353.jpg

ブースも楽しみました。
c0332392_09071336.jpg
芋煮会のブースでは東日本大震災の寄付を集めてくれてました。
本当に感謝します。





[PR]
高木です。

10月29日 に開催したお裁縫会の報告をします。
17名の参加で楽しく、賑やかに行われました。

アニマルポンポンを知ったのは、今年に入り文教大学の杉本先生が当会に商品寄付をしてくれたのがきっかけでした。

最初はポンポンメーカーに毛糸を巻きつけパッパッパとポンポンが完成!考案者に感動します。

丸いポンポンができたら自分をトリマーと思いこみ、思い切りハサミをいれて好きな動物を作っていきます。
先生が作ってくれたお手本を皆さん観察しながらハサミをいれて行きます。
参加の避難ママや子ども達は時間も忘れて夢中。
「みなさんーーお茶ですよー」と呼びかけても返事無し(笑)
お茶の時間も忘れ、作業をの手を止めないほど夢中でした。

作業の様子


c0332392_08041578.jpg

c0332392_08050801.jpg

c0332392_08060314.jpg

c0332392_08064112.jpg

c0332392_08073451.jpg

c0332392_08081993.jpg

c0332392_08111032.jpg

完成アニマルポンポン勢揃い!
みなさんかわいい作品ができました。

c0332392_08122279.jpg



★住宅の個別訪問

今日は平行して避難者の今後の住宅について個別訪問の時間を設け、5名の避難者の面談が終了しました。

これまでの数年間の積み重ねた行政への交渉が次第に避難者の要望へとつながってきました。
来年から避難者の住宅無償提供が順次打ち切られていきます。
それに伴い住宅を失う事になる可能性もあります。
住まいの確保がなければ私たち避難者は路頭に迷う事になります。

京都市から丁寧な面談で、
一定の希望の持てるものでありました。
避難後の住まいの安定がどれほど避難ママにとってよいものか。

落ち着いて、ゆっくり自分の土の上で根を張ってゆっくり暮らしたい。
福島で生活していた感覚には程遠いけど、今ある幸せを
大切に心に刻みながら暮らして生きたいです。









[PR]